アルテイア

集団ストーカーライブラリー(スマホ版)

インターネットは、軍情報部の管轄

インターネットの原型は、DARPAの前身であるARPAが開発しました。Googleペンタゴン製です。CIA人脈も関与しています。

DARPAの前身ARPAやCIA、ペンタゴンは、半世紀以上前から思考盗聴の研究をしてきました。テクノロジー犯罪は、MKウルトラの現代版の要素が強いです。

何が言いたいかというと、インターネットを開発し、検索エンジンを操作し、市民のネットを監視している勢力と、集団ストーカー&テクノロジー犯罪の犯人は同じ勢力なのです。

日本の集団ストーカーの主犯は、ペンタゴン防衛省、公安の連合体です。内閣情報調査室を生み出したのはCIAで、防衛省情報本部電波部はNSAと公安部と連動しています。

ネット上では、探偵のデマサイトが溢れていますが、探偵は創価学会の下請けではなく、警察や情報機関の協力組織です。探偵が、国家犯罪を解決することはありません。資格を剥奪されますからね。

通信会社も軍部と仲良しで、トップが軍の情報将校であることもよくあり、通信会社のアンテナ網も軍のネットワークに組み込まれています。

GoogleAppleFacebookAmazon――GAFAを含めた巨大IT企業群は、ペンタゴンに協力しています。

集団ストーカーと呼ばせている極秘プログラムは、ディープステートの軍部が中枢にいます。インターネットの情報は完全に操作され、探偵サイトや創価学会説、統合失調症説が上位に来るように操作されています。

Google検索エンジンを操作しているのは、創価学会ではなくペンタゴンです。これは、考えればわかるはずです。

Rlighthouse博士のサイト
https://www.rlighthouse.com/targeted-individuals.html

According to Dr Steven Greer, there are about 38 Levels of Security Clearance. The TI program is approx Level 24, which is above the clearance of President Trump (Level 17) - he does not know about it, because his security clearance does not allow it. Such a situation is Unconstitutional and illegal, yet it is deliberately staged this way by the Deep State. Supposedly in the 1970's, Vice President Nelson Rockefeller established this security system to deny information to the President.


ティーブングリア博士によると、約38レベルのセキュリティクリアランスがあります。 TIプログラムは約レベル24であり、トランプ大統領の許可(レベル17)を上回っています。彼のセキュリティ許可では許可されていないため、彼はそれについて知りません。 このような状況は違憲で違法ですが、ディープステートによってこのように意図的に上演されています。 おそらく1970年代に、ネルソンロックフェラー副大統領は、大統領への情報を拒否するためにこのセキュリティシステムを確立しました。

(引用おわり)


残念ながらGoogleで「集団ストーカー」と検索しているだけでは、一生この犯罪はわかりません。私が命がけで集団ストーカーライブラリーを製作しているのも、この犯罪の本質を知る機会を全ての日本人に提供したいからです。

最終目的は、人工知能世界政府樹立と、人工知能と対人レーダー網による市民の自動遠隔管理システムの完成です。日本政府もそれに合わせてコロナを煽り、デジタル監視社会を促進しているのです。

テレビのマスコミだけではなく、インターネットの情報も操作されていることを知ってください。皆さんは、コントロールされたネット情報を読んでいるのです。ぜひ、情報リテラシーを身に付けて、集団ストーカー=創価学会説などのデマに騙されないでください。

日本国内の集団ストーカーは、日米政府合同の国家犯罪です。影の政府(ディープステート)が主犯ですが、日本は表の政府が影の政府の支配下にあり、表の政府機関も犯行に関与しています。


f:id:a_lethe_ia:20201202223118p:plain